システムのシンクライアントとは何か

シンクライアントとは、サーバーで処理をした結果、クライアントとなる端末に表示させるというシステムのことです。サーバで処理をするので、クライアントとなる端末は低性能のものを、サーバー一つに対して複数用意をするという形をとります。あくまで、サーバーで処理した内容を、クライアント端末の画面に、映像で表示させるだけなので、クライアントの端末ではほとんど処理する必要がなく、クライアント端末は低性能なものを複数用意するだけでいいのです。クライアントは高性能な端末を用意する必要がないので、形式としては、低価格で複数のパソコンを運用することができるということになります。また、クライアント側の端末はデータ処理を行わないので、データを保持することがありません。このことからセキュリティ上のメリットもあると考えられています。

運用コストにおけるシンクライアントのメリット

シンクライアントというシステムがデビューした当初は、運用コストを抑えることができることが売りとなっていました。サーバーとなるパソコン一つに対し、低価格のクライアント端末によって処理するという構造は、高価格のパソコンに対抗する手段としての運用が考えられていました。しかし、パソコンの低価格化が進んだ今では、わざわざサーバーとクライアントからなるシンクライアントのシステムを構築することなく、パソコンを複数用意することができるようになり、コスト面での普及はそれほど盛んではありません。しかし。タブレット端末など、普通のパソコンよりも安価で小型かつ低性能な端末も近年では増加傾向であり、そのような小型端末から、サーバーを利用することにおいては、コスト面でのメリットがある可能性もあります。

セキュリティ面におけるシンクライアントのメリット

現在では、セキュリティ面のメリットにおいて、シンクライアントとの運用が考える面が多くなっています。シンクライアントとは、サーバーで処理しクライアント端末で結果を表示するものです。クライアント側では、サーバーからの結果以上のデータの処理、保持をおこないません。そのため、クライアント側の端末から直接、データが流出するといった危険性を軽減することができます。サーバーのセキュリティを確実にすることができれば、クライアント端末のセキュリティはそこまで厳重にする必要がありません。端末を共有する場合などはこの特徴がより効果的に発揮され、使いまわしによる個人データの流出を心配を軽減しつつ、同じ端末を運用することができます。利便性も兼ね備えているということになります。

2017年5月29日